玄関先の木



c0313798_21044515.jpg


花や木の名前を覚えるのはどうも苦手だ、今日の朝もこの木の写真を撮った時、家人に名前を聞いたのだがもう忘れた。
毎年この頃になると白い奇麗な花を咲かせるこの木だが家人には少し嫌われている。
小さな苗木から植えたこの木はあっと言う間に大きくなった、そしてすごく根張りが強いため周りの木をだめにしてしまう。地中でどんどん根を延ばし家人が大切に育てていたすぐとなりのドウダンツツジをついに倒してしまったのだ。
家人がこの木を抜こうとしたがあまりに根張りが深く根を掘り起こす事が出来なかった。仕方なく根元近くからノコギリで切ったのだが、それから3年経った現在はもうこのとおりまた立派に成長してしまった。

嫌われていることを知ってか知らずか、家人のため息をよそに今年もまた奇麗な白い花を咲かせた。



by rioh99 | 2014-05-22 21:53 | LEICA M9 | Comments(0)